社会保険労務士とはなんですか?
社会保険労務士(社労士)は、国家試験に合格し資格者として登録したものを言います。

労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素と言われる「ヒト」「モノ」「カネ」のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパート(専門家)です。
社会保険労務士はどんなことをするんですか?
社会保険労務士(社労士)は、具体的に次のような内容の業務で事業に関わる皆さまをサポートしております。
(全国社会保険労務士連合会リーフレットより抜粋)

【社労士の主な業務】
1. 労働・社会保険手続き業務
 職場での複雑な手続きをサポートします。
 ○労働・社会保険の適用
 ○労働保険の年度更新
 ○社会保険の算定基礎届
 ○各種助成金などの申請
 ○労働者名簿、賃金台帳の調整
 ○就業規則の作成、変更

 企業において、労働・社会保険への適正な加入は、従業員が安心していきいきと働ける職場環境づくりには欠かせないものです。また、CSR(企業の社会的責任)やコンプライアンス(法令順守)の視点からも大変重要です。
 労働・社会保険の諸手続は、制度の複雑化にともない事業主の皆さまにとって、大きな負担となっています。社労士はこれらの業務を代行することで、社手続にかかる時間や人件費を大幅に削減することを目指します。


2. 労務管理の相談指導業務
 「ヒト」に関する専門家
 ○雇用管理・人材育成などに関する相談
 ○人事・賃金・労働時間の相談
 ○経営労務監査

 「ヒトを大切にする経営」を実現するため、良好な労使関係を維持するための就業規則の作成や見直しのお手伝いをします。また、労働者の皆さまが納得して能力を発揮できるような賃金制度の構築に関するアドバイスなど、人事・労務管理の専門家の目でそれぞれの職場にあった、きめ細やかなアドバイスを行っております。

3. 年金相談業務
 年金に関する皆さまのお悩みも社労士にご相談ください。
 ○年金の加入期間、受給資格などの確認
 ○裁定請求書の作成・提出

 日本は「国民皆年金」として、原則すべての人が年金制度に加入します。法改正のたびに複雑化している年金制度について、社労士は、国民の皆さまの年金に関する権利を守る立場から相談に応じています。
 また、必要に応じて各種事務手続をお手伝いすることで、年金に関するワンストップサービスを提供しております。

4. 紛争解決手続代理業務
 職場のトラブルを円満に解決するためのお手伝いをします。
 ○あっせん申立てに関する相談および手続き
 ○代理人として意見を陳述
 ○相手方との和解のための交渉および和解契約の締結の代理

 裁判によらないで、労使双方の話し合いに基づき、あっせんや調停、あるいは仲裁などの手続によって紛争の解決を図ることをADR(裁判外紛争解決手続)といいます。
 ADRに関する研修を修了し、国家試験に合格した特定社会保険労務士(特定社労士)は、トラブルの当事者の言い分を聴くなどしながら、労務管理の専門家である知見を活かして、個別労働関係紛争を「あっせん」という手続により簡易、迅速、低廉に解決します。

5. 補佐人の業務
 裁判の場でも信頼にお応えします。
 ○裁判所において、補佐人として
 ○弁護士とともに出廷し意見を陳述

 社労士は補佐人として、労働・社会保険に関する行政訴訟の場面や、個別労働関係紛争に関する民事訴訟の場面で、弁護士と共に裁判所に出頭し、陳述することができます。依頼者は、相談の段階から支援を受けてきた社労士が訴訟の対応にあたることで、安心して訴訟による解決を選択することができます。


《社労士は、複雑・多岐にわたる諸手続を皆さまに代わって、円滑かつ的確に行います。》

お気軽にお問い合わせください。090-1554-9196受付時間 9:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]土曜対応可

お問い合わせはこちら メールによるお問い合わせは24時間受付中
画像をアップロード

シンプルな質問に答えてFAXするだけ!『らくらく助成金診断』

 御社(個人事業主様OK)が利用できる助成金をお教えします。まずはアンケート用紙をダウンロード。シンプルな質問に答えてFAXするだけ。
 パートやアルバイト、派遣社員を正社員にする場合や、育児制度を利用する際にご利用いただけるものなど人を雇用している事業主様であれば利用できるものがあります。これを機に助成金を使って職場を充実させませんか?